ユーザ用ツール

サイト用ツール


osusume._3ika

★3以下のおすすめ武将と序盤の育成について

★3以下武将の特徴

メリット

○親交度を上げやすい
 ※ガチャでダブる・★3の絆が手に入りやすい
○武具の欠片の必要数が少ない
 ※★4・★5の3~4分の1なので強化しやすい

デメリット

●基本の能力値は低く、計略も弱い
 ※軽士気なら使いやすい計略多い
●★1・★2の武将は特技を持たない
●★3以下の武将は武具が2つしかない
●さんぽけ版の★1・★2はガチャで出らず、絆も手に入りにくい

参考までにLv41~45の自分の所持武将を一部挙げてみる。

★2陳武Lv41:体力144・武力71・知力34・武具は2種とも赤・親交度10
★3黄蓋Lv41:体力180・武力67・知力32・武具は2種とも赤・親交度10
★3曹洪Lv43:体力156・武力78・知力29・武具は2種とも赤・親交度10
★3周倉Lv41:体力166・武力73・知力24・武具は2種とも赤・親交度10
★5曹操Lv45:体力197・武力78・知力89・武具は3種とも赤・親交度4
★5皇甫崇Lv45 :体力196・武力72・知力67・武具は3種とも赤・親交度1(TCG)
★5呂布Lv41:体力202・武力90・知力25・武具は3種とも赤・親交度4

武力枠の呂布とは比べ物にならないが、号令用の曹操や皇甫嵩(TCG)には親交度の差であまり劣らない武力を持つ。
ただし、体力は低い。(黄蓋は武力低めで体力高め)

武将が少ない状態でのデッキの組み方や育成方法

○副将は持っている中で最も能力上昇の高いものを選ぶ(副将は勢力が違っていても最大士気が減らない
 ※陳琳やトウ芝がいれば★5の絆をつぎ込んで親交度を上げて良い
○何枚か引いているであろう★4・★5を軸に、おすすめ★3以下を組み合わせる
 ※持ってる★4・★5を伝えて5chとかでアドバイスをもらおう!
○攻撃方向は全方向×2にこだわらず、1マスに対して4方向から攻撃できるようにすればよい
 ※上下や左右が多いほうが全軍攻撃をしやすい気がする
○魏・蜀・呉の単色デッキを1つずつ、騎馬単・槍単・弓単の2色デッキを1つずつ作れればシナリオのミッションクリアは目指せる
 ※1回でクリアできなくても、単色で1回・有利兵種で1回などで達成できる
 ※兵種単でなくとも、不利ではない兵種(騎馬単なら弓・剣・扇)が1~2枚入っていても良い
 ※剣・扇は騎馬・槍・弓と違って相手に対して完全に有利とはならないので、無理に兵種単を組まずに強い武将をメインに組めば良い
○あまり★3以下を育てすぎない。Lv30~40くらい(必要経験値10000~25000)で十分
 ※★3の絆はあまり使わず、★4・★5の絆に変換するためにとっておく

便利な武将のタイプと動き方

○士気2以下の範囲計略を2つ持つ
 積極的に使って、攻撃されないように敵を倒す動きを心がける
 wave1やwave2では無理に倒し切らず、全軍攻撃で士気を貯めながら倒していく
○武力up大の計略を持つ
 主に対ボス用。軽士気の範囲計略と合わせて一網打尽に
○士気3の全体ダメージ計略を持つ
 威力はマイルドだが、雑魚を蹴散らすのに便利

おすすめ武将(★3以下)

※○付きは特におすすめ!
※★1・★2はアーケード版の方が親交度を上げやすい

○★3曹洪:馬・士気2以下の範囲計略を2つ
★3荀攸:槍・士気3全体ダメージ計略

○★3周倉:馬・士気2以下の範囲計略を2つ
★3王平:馬・「守勢の挑発」~攻撃を自身に集める
○★3関平:槍・「武継の槍」~士気2:計略Lv5で武力102~103%アップ。槍ならさらにアップ
★3王桃:槍・士気3全体ダメージ計略

○★2陳武:馬・士気2以下の範囲計略を2つ
★3黄蓋:槍・「決死の戦」~士気2:武力大アップ。ただし兵力減少
○★3韓当:弓・「宿将の弓」~士気2:武力大アップ。弓ならさらにアップ
★3孫静:弓・士気2以下の範囲計略を2つ
★3諸葛瑾:扇・士気3全体ダメージ計略

群雄

★2徐栄:馬・士気2以下の範囲計略を2つ
★2紀霊:槍・士気2以下の範囲計略を2つ
★3区星:弓・士気2以下の範囲計略を2つ
○★3袁術:剣・「偽帝の号令」~士気3:計略Lv5で全体武力106%アップ。ただし操作時間-3.5

osusume._3ika.txt · 最終更新: 2018/09/09 by 58.88.84.50

ページ用ツール